Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 ある意味、こっちがホント?(室蘭・潮見公園展望台)

展望台1

「あれ?あんなところに何か見える」
「ひょっとして、あそこが、本当の展望台?」

今日も、お昼休み、急に思い立って「潮見公園展望台」に行ってみました。

その訳は、
午前中、八丁平の坂を下りてくるとき、
海の方だけガスがかかって見えたので、
潮見公園展望台でも、雲海って見えるのかな?と、思ったから。

この潮見公園展望台は、ここ数年初日の出を撮りに来たり、
昨年の「むろらん観光ツアーガイド」の実習できたり、
スーパームーンの日、母とオリジナル夜景ツアーとして来たり・・・・

何度も来ているのに、
またまた、今日初めて気づいた(笑)ことがあります。
(最近、そんなところばっかりですね、私)

展望台だと思っていたところより、さらにずっと上に、何やら展望台?
(TOPの写真)

これはやっぱり行くしかないでしょ。
今日は、運動靴も、帽子も、上着も、カメラもすべてOK。
さっそく、いつもの展望台を通り過ぎ、頂上めざし出発。

老夫婦1 

少しすると、初老のご夫婦らしき2人が、仲良く前を歩いているのを発見。
(とってもほほえましく、いい感じでした。)

今日は、私だけじゃないから大丈夫と、どんどん進みます。

途中でこのご夫婦を追い抜くとき、
奥様「お父さん、帰れなくなったら困るから、引き返そう」
ご主人「街灯もある道だから、そんなことない、大丈夫」
なんて話しておられました。

街灯 

街灯ってこれですね。
でも、約10分の道のりで、2本くらいだった気がするので、夜はちょっと怖そう。
(彼と一緒なら、大丈夫?イヤイヤ、絶対私は無理・・・・笑)

今は昼間ですし、こうして、他の通行人もいるので、大丈夫。

途中は・・・・
鶴中と工場 

元鶴ケ崎中学校や、その向こうに、新日鉄住金の工場
(ちょっとガスがかかっている分、工場群がかえって印象的に見えます)


新日鉄住金と新道 

室蘭新道と、新日鉄住金

向かいの丘 

向かい側の小高い丘と、そこに並ぶ住宅街が、
なんか可愛らしくて、思わずパチリ。

こんな景色を楽しみながら、約10分。
頂上1 

結構広い展望台になっていました。

おじいさんがお一人、海を眺めながらお食事中?


霧のイタンキ浜 

頂上からのイタンキ浜は、ガスがかかって、かすんでいました。

これはこれで、独特の雰囲気ですが、晴れた日にも、来てみたいです。


さて、帰りの道すがらは、写真が多くなったので、
次のエントリーで・・・・・・・・



 ランキング参加中 


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment