Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 MR.BRAIN #06

事件の真相を究明する事が、
必ずしも人の幸せに繋がるとは限らない・・・・って、
何かのドラマにありましたね。

事件の真相は究明しなくちゃいけないけど、
それは、かな子(仲間由紀恵)にとって、
また新たな”地獄”の始まりなんですね。

「閉じ込められるのは慣れていますから・・・・」
の言葉が、心に刺さり、とっても悲しかったです。

295あらすじ295
都議会議員の松下百合子(大沢逸美)が拳銃で撃ち殺された事件の犯人は、
現場に残っていた指紋や、食べ残しのお弁当からのDNAで、
15年前に誘拐され行方不明のまま死んだのでは?と思われていた被害者、
秋吉かな子と判明します。

松下は、誘拐事件当時、かな子の学校の担任の先生でした。

松下の事件後、島根でも同一犯の犯行と思われる事件が起きますが、
科警研の行動科学室の浪越(伊坂俊哉)と九十九(木村拓哉)は、
プロファイリング捜査の結果、
犯人は「解離性同一性人格障害(多重人格)」だと判断しますが、
他の人たちは、その意見を聞いてもくれません。

九十九、由里(綾瀬はるか)、浪越、林田(水嶋ヒロ)は、
かな子が15年閉じ込められていた倉庫に行き、
かな子が多重人格と言う確証を深めていき、
次に狙われるのは、当時のクラスメートだと気付きます。

ちょうどかな子が通っていた小学校の同窓会が開かれる日になり、
林田から報告を受けた丹原(香川照之)は、
同窓会場に向かいますが、既にそこにはかな子が銃を発砲し、
パニック状態になっていました。

丹原が会場に着くと、かな子はおびえた状態で隠れていて、
丹原や、駆けつけた警官に逮捕されます。

精神鑑定の結果、
かな子には殺人事件を起こした<俊介>と言う人格と、
かなりさばけた性格の<しょうこ>と言う人格が同居する、多重人格と診断されます。

しかし、取調べの様子を映した画面を見ていた九十九と、
生物学担当の難波(トータス松本)は、
かな子の一瞬見せた目線で、何かを感じ取ります。

九十九はかな子に「残酷な実験」をして、
かな子が本当に多重人格なのか、それを装っているだけなのかを、
究明する事にします。

かな子の中の<俊介>の人格が表に出ている時、
九十九は廊下の向こうの2つのドアを指し示して、
赤い色が付いているほうが「隔離病棟」、青い色が付いているほうが「一般病棟」と、
先入観を与え、次の日かな子自身の人格の時に、
10分後に一般病棟のロビーで会おうと待ち合わせをします。

九十九は「一般病棟」と「隔離病棟」のプレートを入れ替え、
一般病棟のロビーで、かな子を待っていました。

果たして、その結果は・・・・・・


番組HP → こちら


273感想273
九十九が、かな子にした実験は、
先週九十九が由里を使って、皆に見せていた
人は、文字や色、形のどれで物を判断するか?と言うやつですね。

「人間の脳は、場合によって形や文字の意味ではなく、
色で判断する傾向がある」

かな子が現れたのは、九十九が青い色の方に「隔離病棟」とプレートをつけたドアを通り、
一般病棟のほうでした。

それは、かな子が本当に多重人格で、その中の一人<俊介>が言う様に、
”俊介は全ての人格の記憶を覚えているが、かな子自身は他の人格の時の記憶が無い”
としたら、 ありえない結果だったのですね。

九十九が前日、俊介に与えた「青=一般病棟」と言う先入観を元に、
かな子は病棟のプレートを読まずに、色だけで判断してやってきてしまったのですね。

もし本当に、俊介の記憶が無かったら、
赤い色でも「一般病棟」と書かれたドアの方に行き、
かな子が現れるのは、隔離病棟だったはず・・・・・

この結果は、かな子が多重人格を演じているに他ならない証拠になりました。

その結果、殺人犯として逮捕される事に・・・・・

15年間、地下の暗い部屋に監禁され、
漸く大好きな青空を見られることになったのに、
また、刑務所に閉じ込められてしまうんですね。

九十九に見破られた時、かな子が、
「私やっぱりおかしいんですかね?だったら嬉しいな。
ずっと狂ってしまいたかったから・・・・・」
と言った言葉と、
自ら手錠をかけられるように手を差し出しながら、
「どうぞ、閉じ込められるのは慣れていますから」
と言う言葉が、やけに悲しく心に刺さりました。

15年前に、不審者を見かけ相談した担任の先生には聞き入れてもらえず、
一緒に帰って欲しいと頼んだ友達にも無視され、
結果誘拐され、15年間自由を奪われ、虐待され、
本当に狂ってしまった方が楽だったかもしれないかな子の人生。

そんな先生や、犯人、そしてクラスメートにした復讐。
殺人は重罪だけど、
かな子の人生を思うと、やるせない気持ちになりますね。

先週、先々週はちょっとテンション下がってた私ですが、
かな子の多重人格を究明していった今回は、
なかなか面白かったです。

そうそう、かな子が俊介の人格(を演じている)の時、
九十九の首を絞めたり、足蹴にする仲間さんの演技が、
あまりにも迫真の演技だったので、木村くん大丈夫?って、
本当に心配になっちゃいました。

来週は市川海老蔵さんが出るんですね。
第1回目のあの存在感。

たった1話だけの出演では残念と思っていたので、来週の出演は嬉しいですね。
そんなこんなで、またまテンションが復活しました(笑)


BLOGランキング参加中
  良かったら、ポチッとしてくださいね。

 
 
    人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  きれいなお姉さんは殺人犯(Mr.BRAIN#6)
  • 2009夏ドラマ、何見よう?『Mr.BRAIN』綺麗なお姉さんは、好きですか?当時10歳で誘拐され15年間監禁されていた秋吉かなこ@仲間由紀恵は、解離性同一性人格障害=多重人格で、auの森・島根からアンサーハウス・東京にやってきて、都議会議員・松下百合子@大沢逸美を...
  • 2009.06.28 (Sun) 19:25 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
この記事へのトラックバック
  •  MR.BRAIN 第6話
  • 仲間さんもすごいと思ったけど、綾瀬はるかちゃんもすごかった。 地下から出てきた綾瀬はるかちゃんは、今まで見たこともない形相で(爆) とにかくあっぱれ!でしたね。彼女は、すごい役者になるでしょう♪
  • 2009.06.28 (Sun) 22:19 | アンナdiary