Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 MR.BRAIN #07

12うわ~、リンダくん大丈夫?

土曜日から、ちょっと体調が悪くて、先ほど漸く録画を見たら、
何時に無く緊迫感のある九十九さんと、
ラストの場面42にビックリ

ええ~~、何が起きてるの????

295あらすじ295
どうも警察に恨みを持つ者の反抗と思われる事件が、
立て続けにおきます。

まずは、科警研の最近の功績を認め、
表彰する為に来た警視庁副長官(大林丈史)が、何者かに狙撃され重体。

次に、元警視庁・捜査一課・刑事部長で、現衆議院議員の尾崎幸平(浜田晃)が、
何者かに誘拐される。

そして3件目は、元検事でやはり現衆議院議員・菊池大二郎が狙われ、
彼の場合は、間違って工事員の相沢義之(光石研)が誘拐されます。

狙われた3件の共通点は、警察関係者ということと、
事件現場には、血で×印の書かれたハンカチがおいてある事。

そして、尾崎と菊池の場合は
「過去に犯した罪により、48時間後に処刑する」と、
血文字のメッセージが残されている事。

九十九(木村拓哉)は、
これは犯人から自分たちに対する挑戦だと感じます。

尾崎の家に聞き込みに行った丹原(香川照之)は、
尾崎の息子伸一郎(鈴木一真)の態度に不信感を抱き、
林田(水嶋ヒロ)に張り込みを命じます。

林田は伸一郎が、
武井(市川海老蔵)が以前出入りしていた暴力団組織のビルに、
入っていくのを目撃します。

事件現場の状況や、残されたものなどから、
尾崎たちが監禁されているビルを突き止め、林田と丹原はそこに向かいます。

そのビルに入っていくと、
そこには菊池と間違われた相沢だけが残されていて、
尾崎は他に移された後でした。

現場に残るメッセージから、次の場所に移動する林田と丹原。

どうも何かに引っ掛かり、和音(綾瀬はるか)と共に、
一足送れて相沢が解放されたビルに着いた九十九は、
被害者であるはずの相沢の行動に、不信感を覚えます。

丁度そのとき、科警研から九十九に、
相沢が被害者ではなく、加害者の一人らしい証拠が見つかったと、
連絡が入ります。

すぐさま、林田や丹原の身の危険を感じ、
和音に連絡を取らせます。

漸く丹原の携帯に連絡が取れたその瞬間、
林田が踏み込んだ部屋で、大爆発がおき・・・・・・・・


番組HP → 
こちら



273感想273
ラスト前だからなのか、
何時に無く緊迫した感じの九十九の表情に、ちょっとハラハラドキドキ。

そして、殆ど喋らないでそこにいるだけでも、
やっぱり凄い存在感の市川海老蔵さんに、何をするんだろうとワクワク。

「花ざかりの君たちへ」の時のように、ちょっと砕けた役もいいけど、
今回のようにちょっとダーティーな感じの上川隆也さんも、良いナァ~と・・・・。

やっぱり武井は「悪」の方なんでしょうか?
それともそう見せて、実は事件解決のため、「悪」と手を結んでいるように装ってる?

九十九の「前は逃げられちゃったって思っています」とかって発言からすると、
やっぱり真犯人????

今までの中で、いちばん次が気になる回ですね。
と言っても、次で最終回なんですが・・・・

犯人も気になるけど、リンダくんの安否も、
九十九はアメリカに行くのかな?ってことも、
和音の今後の身の振り方も気になりますね。


87今回の脳の話87
”微笑”について・・・・・
動物は敵が来た時、威嚇の為牙をむきますが、
それが敵ではないとわかった瞬間、出してしまった牙をすぐには引っ込められず、
敵意をないことを示すために、微笑んだとか?

なので、微笑には
「今はお前の味方だけど、何かあったらただじゃ済まないぞ」
と言う脅しの意味が含まれているようですね。

私、時々「顔は笑ってるけど、目が怖い」って言われるのは、
知らず知らずに相手を威嚇してたのかしら(笑)


BLOGランキング参加中
  良かったら、ポチッとしてくださいね。

 
 
    人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment