Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 導標・陸標(室蘭・入江町&イタンキ浜)

導標1

写真の中の、赤い△2つ。
これは・・・・・


5月の末の、ある晴れた日、
入江町のフェリー埠頭の近くを探索していて発見。

「あっ、あれはもしや?」と、早速近くへGO。

導標2 

こんな風にと言うか、本当は2つ重なるように見ると良いんですよね。

更に近づくと・・・

導標3 

こんな説明板がついています。
文字部分だけ拡大すると

導標4 

船が入港し、接岸するときの目印ですね。

ここで、ふと思い出したことが・・・・
「そうだ、4月にイタンキ浜に行った時も、見つけて写真撮ったけ(ちょっと北海道弁・笑)」

陸標1 

いつも車を停めて、砂浜やビオトープに行くあたりに、
こちらは白い△2つ。

入江町のよりずっと小さく。照明装置もついていないようです。

陸標2 

正面の方から撮ると、こんな感じ。

陸標3 

こちらは、導標ではなく【陸標】となっていました。

陸の上にある導標だから陸標で、
入江町のものと、役割は同じですね。

しかし、よく見ると「NTT Com」の文字も見えるので、
船にではなく、別の役割があるのかな?
(ちょっと調べたら、こちらは航行船舶に、海底ケーブルがあることを知らせているとか。)


実は上の赤い三角マーク、
昨年9月、ナイトクルージングをした時、
船の上のガイドアナウンスでも紹介されていました。

白鳥大橋からも、新日鉄住金の工場の方を、夜見ると、
この赤い△が光って見えます。

但し、自分で運転しながらは危険ですから、
助手席からとか、夜景見学バスからとか、白鳥大橋展望台の上とか、
ナイトクルージングに参加するとかで、見てくださいね。

室蘭は港町だから、
ちゃんと探せば、他にもあるのかもしれませんね。

マニアックに、このマークを探す探検に出るのも、面白いかも?

いつものことですが、
入江町の道標も、イタンキ浜の陸標も、
何度も行ったことのある場所にも関わらず、今年になってから気付きました。

本当に私、室蘭に来て40年間、
日々何を見つめて生活してきたんでしょうね(笑)

さて、次に気づくのは何でしょう?


 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment