Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 ブザー・ビート 第2話

きゃ~やっちゃった。
1度書いた記事を、UPする前に消しちゃった。

気を取り直して、もう一度・・・・・

名前も素性も解らないけど、何故か打ち解けて身の上話までしちゃう
直輝(山下智久)と莉子(北川景子)。

久々に、直輝の家に遊びに来た菜月は、ちゃんと手土産を忘れず、
玄関では直輝の靴をさり気なく揃えたり、直輝の妹に誕生日プレゼントを持ってきたり、
直輝の母・真希子(真矢みき)の手伝いを、かいがいしくするなど、
”彼女”としては完璧に振るまいます。

プレゼントの花の花言葉が意味深でしたね。
チューベローズ:魅惑的、危険な関係、火遊び・・・・・


皆で談笑中に、菜月の携帯に廉(金子ノブアキ)から電話が入ります。

「1回寝たくらいで、勘違いしないでくれる?」
と冷たく言う菜月に、かえって闘争心を燃やす廉。

その頃莉子と麻衣(貫地谷しほり)は、川崎(伊藤英明)と宇都宮(永井大)と、
Wデートを楽しんでいました。

麻衣は宇都宮に一目惚れし、莉子は川崎に大人の男性の魅力を感じたようですね。

直輝の家からの帰り際、家の前でキスをする直輝と菜月。

何だか菜月は、物足りなかったのか、不満足気に見えましたね。

直輝の家族は菜月を気に入っているようですが、
菜月は”良い彼女”を演じているようで、
帰り道、誰もいないとこで「あ~あ、肩凝った」ですって。

直輝の家を後して、大きなため息と、いきなりタバコをスパー・・・
かなり悪女に見えちゃいますね。

直輝の彼女が菜月と知った廉は、
「練習試合で直輝よりも点数を取ったら、俺と付き合う。
直輝の方が点を取ったら、浮気相手として付き合う。」
と言う賭けを菜月に持ちかけますが、「そんな事はしない」と菜月に一蹴されます。

川崎の誘いを受けて、莉子と麻衣は練習試合を見にいきます。

麻衣は初初めて会った菜月を、直感で「嫌な女」と思ったようですね。

珍しくスターターじゃない直輝。
ベンチにいる直輝を見て、初めてこのチームの選手だと知る莉子。

一方廉は、菜月にアピールするかのように、次々とシュートを決めていきます。
川崎は廉を見て、チームプレーができていないと判断します。

廉に代わり試合に出た直輝は、
何故かいつもの伸び伸びしたところが無く、ミスを連発します。

普段の練習で、直輝の上手い姿を見ている莉子は、
そんな直輝の姿にイラつきます。

「ちょっと8番、何やってんのよ。
グズグズグズグズ・・・・あんた馬鹿じゃないの。
あんたの実力はそんなもんじゃないでしょうが。
強いのに、才能あるくせに、何怯えてんのよ。
悔しかったら此処で見せてよ、あなたの実力を、あなた強いんだから。
強いの、上手いのよ、ちゃんとやんなさいよ、バ~~カ」
と、思わず罵声を浴びせます。

しかしこのことで何かが吹っ切れた直輝は、別人のようになって、
それから次々とシュートを決めていきます。
最後はブザー・ビートまで決め、チームの勝利に貢献します。

試合中に怒鳴ってしまった事で、いたたまれなくなり、
莉子は途中で帰ってしまいます。

試合後、会場にいない莉子が気になり、直輝は探しに行きます。

「点は俺のほうが取ったよ。
でも今日は勝った気しないからいいや・・・・」と言う廉に、
「勝つって、直輝は同じチームの仲間でしょ」と菜月は冷たく言います。

そんな菜月に「偽善者」と言って去っていく廉。

危険危険・・・・どうなるんだこの2人。

いつもの公園で練習する直輝を見つけ、試合中に怒鳴った事を謝る莉子と、
なんか勇気出たからと感謝する直輝。

「君が見てると、強くなれそうな気がする」と、
莉子に公式戦を見に来てくれるように誘う直輝。

何だか、これって愛の告白のように聞こえません?
君が傍にいてくれたら、強くなれそうな気がするって・・・・・

その後、公園で花火をする親子たちを、並んでみている2人の雰囲気、
何だかとっても良いですね。

次また怒鳴る時のために名前教えてと、直輝の名前を聞く莉子。
お互いの名前と歳を確かめ合い・・・・・


莉子は直輝のまじめすぎるところが、物足りなくもあり、不満のようですね。
サヨナラのキスもそうですし、
菜月の家に寄っても、何もせず(笑)帰ってしまうし・・・・・・

そんな直輝と対照的な廉とは、一夜限りの遊びで済まされるんでしょうかね。

何も知らず、とっても真面目な直輝がちょっと可哀想。

何でも話せて、時には今回のように怒鳴られるくらいの直輝と莉子は、
少しずつ自然に惹かれあっていくのかな?
それに川崎と、菜月がどうして行くのかな?と言うのが興味津々。

今日の一番のツボは・・・・・
「ず~っと音楽続けたいんだったら、医者か弁護しかお金持ちと結婚するしかない」
と言った麻衣の先輩のお言葉。

「あ~あ、そうだったのか、だから何時もピンチなんだ私・・・・」
と、変に納得(一部の関係者のみにわかる事ですね・笑)

直輝&菜月ペアに、ちょっかいを出す廉、
何となく自然に仲良くなっていく直輝と莉子、
そんな莉子に誘いをかける川崎・・・・・
展開は、恋愛物の王道を行くような感じですが、
それでもなんだか気になって、きっと来週も見ると思います。

他の回の感想

#01   


番組HP → http://wwwz.fujitv.co.jp/buzzerbeat/index.html


BLOGランキング参加中
  良かったら、ポチッとしてくださいね。

 
 
    人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


スポンサーサイト

2 Comments

ミマム  

こんにちは♪

>「ず~っと音楽続けたいんだったら、医者か弁護しかお金持ちと結婚するしかない」

すでに私には関係のナイ話(苦笑)なので
スルーしてしまったセリフですが
考えてみると、そうだよな~~なんて妙に納得i-229

川崎と莉子の大人の恋もステキだけど
自分の道を応援し、応援される関係の
莉子と直輝の雰囲気も何かいいなあ~と思います。
医者でも弁護士でもお金持ちでもなさそう?な、川崎と直輝。
結婚するとしたら、どっちのタイプのほうが
莉子にとって幸せになれるんでしょうね~。

2009/07/22 (Wed) 17:12 | EDIT | REPLY |   

aki  

どっちが良いかな?

v-157ミマムさん、こんにちは。
> 医者でも弁護士でもお金持ちでもなさそう?な、川崎と直輝。
> 結婚するとしたら、どっちのタイプのほうが
> 莉子にとって幸せになれるんでしょうね~。

お金は無いよりあった方が良いけど、
長い人生一緒に生きていくには、
同じポイントで笑えるとか、同じもので幸せ感じられるとか・・・・
不況のご時勢では、考えが甘いかな?(笑)

これだから、音楽続けながら、
医者でも弁護士でもない人と結婚して、
大変なのかしら?v-356v-392

2009/07/22 (Wed) 18:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ブザー・ビート 第2話
  • 見に行ったバスケの試合に出ていたのは 名前も知らずに話していた近所の公園で出会った青年。 彼のフリースローが始まるときに それまでの...
  • 2009.07.22 (Wed) 17:10 | 塩ひとつまみ