Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 ポートウォッチング(室蘭・室蘭港) その1

PW2.jpg 

「海の日」は「みさご」に乗って室蘭港を見学しよう!

室蘭開発建設部主催の海の日イベントに参加してきました。

PW1.jpg 

乗船時間はこの4回で、各12名定員。

朝9時から、道の駅・みたらで受け付け開始。
8時40分くらいに着いたら、すでに20名位の方が並んでいました。

時間は先着順に好きな時間帯を選べるので、私は②の11:50~12:30にしました。

お天気は良かったのですが、風が強く、安全のため船内で見学してくださいとの注意を受け、
救命胴衣を着け、ナイトクルーズの時と同じ乗船所から乗り込み、定時にいざ出発。

PW3.jpg 

この写真で分かるように、結構スピードが出ています。

反時計回りに、室蘭港内を1周します。
まずは白鳥大橋の下をくぐって、中央埠頭方面へ・・・・・

PW4.jpg 

これは、ケーソンを作っているところだそうです。
(※23日に、出来上がったものを、追直漁港に運ぶ予定。)

PW5.jpg 

海の側から見た「函館どっく」のクレーンたち。

この後、西埠頭、L字埠頭、中央埠頭を横に見つつ、新日鉄住金の工場方面へ。
(この間、ガイドの方の説明をメモっていて、写真撮れず・・・・)

~メモより~
中央埠頭の水深は9m、崎守埠頭の水深は10mで、
今日入港したサンプリンセスは、先週までと違い、燃料を満タンに積んでいるので、
水深の深い崎守埠頭に入港した。

室蘭港は波が穏やかなので、
船が休みに来る港としても利用されている。

ピーク時には7航路あったフェリーのターミナルは、
震度6強でも耐えられるような作りになっている・・・・・などなど。

PW6.jpg 

こちらは、北海道で一番深い岸壁。
主に鉄鉱石の陸揚げをするところだそうです。

PW7.jpg 

ナイトクルーズでもここを通りますが、明るい中で見ると、
船の様子や、積み下ろしの機械などはっきり見えて、良いですね。

PW8.jpg 

こちらは高炉?

青い空に白い煙(水蒸気かな?)が綺麗ですね。

PW9.jpg 

こちらは、全天候型バース。

北海道では、ここだけにあり、鋼材を雨風から守りながら、船に積み込むことができます。

一般の人はいけない場所なので、
普段は目にすることができない場所です。

この場所で、参加者から歓声が上がっていました。


まだまだ続きますが、写真が多いので、その2へ


※ところで、今日ガイドをして下さった
北海道開発局室蘭開発建設部室蘭港湾事務所の副所長さんから、
23日(水)9:15~、「追直漁港関係工事の会場現場見学会」があるので、
是非参加して下さいと、お誘いを受けました。

定員は12名で、このお話を聞いた時点では、
報道関係の方の申し込みのみで、一般の方はまだいないとのこと。

明日、体調が良ければ申し込んでみようかな?

申し込みは、明日22日(火)12:00までで、
室蘭開発建設部・室蘭港湾事務所(0143-27-3168)まで。

興味のある方は、室蘭開発建設部のHPのお知らせ欄で → こちら




 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment