Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 ポートウォッチング(室蘭・室蘭港) その2

PW10.jpg 

ポートウォッチングの後半は、
新日鉄住金の埠頭にある全天候バースを後にして、
再び白鳥大橋のほうへ向かいます。

こちら側には、
東海地震に備え、地震が少なく、防災機能に優れた室蘭港に、
工場を建てた本州企業もあるそうです。

PW11.jpg 

LPGと書いてある船、タンク群、そしてその向こうの住宅街を海の上から見ると、
なんだか住み慣れた街というより、別の街のような気がします。

PW12.jpg 

船の上から見る白鳥大橋もいいですね。

PW13.jpg 

白鳥大橋の、ほぼ真下です(笑)

PW14.jpg 

さらに船は進み、JX日鉱日石の工場群のほうへ向かいます。
今日もフレアースタックが大きいですね。

炎や煙のなびき方、波の様子で風の強さがうかがえますね。

PW16.jpg 

ここは、かつて原油タンカーが来ていたところですね。
今はナフサ(原料用の粗製ガソリン)を陸揚げするところです。

PW19.jpg 

夜景見学バスでは、すぐこの工場群の横まで来ますし、
ナイトクルーズでは、この場所から工場夜景を楽しめますが、
昼間、こちら側のこんなに近くから工場群を見られるのはあまりないので、
とってもいい経験をさせていただきました。

PW20.jpg 

フレアースタックとタンク群も一緒に写してみました。
こうしてみると、昼間見る工場群もいいですね。

PW21.jpg 

こちらは北防波堤ですが、ところどころ白いところがあります。
これは、おととしの冬の、室蘭・登別に大停電をもたらした暴風雪の時、
波に削られ、損傷した部分を直したところだそうです。


室蘭港を取り囲む工場群や、施設のこと、室蘭港の歴史など、
とても興味深いお話も聞け、
普段は見られないようなところも見ることができ、とっても有意義な40分でした。

夜景ガイドでも使わせていただこうという情報もあり、良かったです。


前日のエンルムマリーナで、世界の貝について説明してくださった方や、
昨日のポートウォッチングでガイドを務めてくださった方から感じたことは、
お二方ともそれぞれに貝や、室蘭港をとっても愛されているんじゃないかな?と。

どちらの方も、もちろん原稿など見ず、
ごく自然な親しみやすい口調で説明してくださり、
私の質問にも、とっても丁寧にお答えくださいました。

私も、室蘭が好きで、室蘭の夜景が好きでと言う、
愛情あふれる、このお二人のような、自然なガイドができるようになりたいですね。


さて、ポートウォッチング編は、
次の「その3」まで続きますが、
次は海の上で見つけた、ちょっとマニアックなものを紹介します。


 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment