Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 「ケーソン」て、フランス語なんですね(室蘭・室蘭港)

作業前日 
(2014.7.22.白鳥大橋展望台より撮影)

[ケーソン]って、この真ん中のグレーの大きなコンクリートの箱のこと。
それを知ったのはつい最近(汗)


4月26日に、札幌からの夜景見学ツアーのお客様ガイドをしたとき、
白鳥大橋展望台で、すぐ橋の下にあった、
TOPの写真の、水色のものは何?と聞かれ、答えられなかった私。

ちょうどその2~3日前、コース下見をしていた時、
対岸の本輪西駅近くの海に、これがあるのを発見。

FD.jpg 
(2014.4.23.白鳥大橋展望台より撮影)

何だろう?と思いつつも、
まあ対岸のことなので、みんな気付かず、訊かれないだろう・・・・と、
勝手に思っていた私。

しかし・・・・・
ガイド当日、白鳥大橋展望台に皆様をご案内したら、
なんと、すぐ真下にあるではありませんか。

えっ?これ動くの?どうやって、いつここまで来たの?と、ビックリ。

かなり目立つ水色で、案の定お客様からの質問。
「さあ、何でしょうね。
私も2~3日前に気づいたんですが、何をするものかは分かりません。
ごめんなさい、調べておきます」
そう答えるしか、ありませんでした。

今日は、今までの???を解決するため、
室蘭開発建設部の「追直漁港関係工事の海上現場見学会」
に参加してきました。

報道関係者3名と、一般参加1名(私)ほか、内外関係者13名で、
先日の[みさご]に乗って、作業見学に出発。

作業1 

フローティングドック(つくし7000)は、北防波堤の外の水深20mのところで、
2~3時間かけて、内部に注水し、沈んだ状態。

「つくし」が動くのもビックリだけど、これごと沈むのも、もっとビックリ。

フローティングドックが13.5mまで沈むと、ケーソンが浮き上がりFDから分離。
このコンクリートの大きな箱が浮くのも、またびっくり(笑)

作業4 

4000馬力の船で引っ張って、仮設置場所へ移動。
(船、後ろ向きのまま、結構なスピードで、ひっぱていました)

作業6 

このケーソン、高さが19.5mあって、7階建てのビルに匹敵し、
道内の漁港では、最大級だそうです。

今日のは3函目で、全部で8函作るそうです。
今は、北外防波堤の近くに、海底に石を盛ったマウンドという台に仮設置ですが、
ゆくゆくは、追直漁港まで曳航し、防波堤として設置されるそうです。

今日いただいた資料で、
ケーソンがフランス語(大きな箱の意味)だということ。

あの何だろう?と思っていた水色の、上部にクレーンのついたものは、
フローティングドック(FD)と言って、ケーソンを製作する専用作業船だということ。

そしてこのFDは、室蘭市民約9万人全員が乗れる載荷能力があり、
入江運動公園陸上競技場ピッチサイズの約1/3の面積があることなど知りました。

改めて「へぇ~」なことばかりでした。
(きっと皆さんは知っていて、今更なに?かもしれませんが・・・)

他にも、ここには書ききれない事、いっぱい説明していただきましたので、
それは早速、夜景見学バスガイドの時の小ネタ(大ネタ?)に使おう!

あいにくの雨天の中での見学会でしたが、参加できて本当に良かったです。
室蘭開発建設部・室蘭港湾事務所の皆様、親切丁寧な説明、ありがとうございました。

また???なことできましたら、聞きに伺いますので、
その時は、よろしくお願いします。
(・・・・って、ここに書いても、ダメかな?)





 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 



スポンサーサイト

2 Comments

福助リンダ☆リンダ  

乗船レポートしっかり活用させていただきます!,(^o^)v

自分達にとっては何のヘンテツも無くても目に入るもの何でも事前確認~って外国人をガイドの鉄則なんですが、道内唯一の重化学工業地域室蘭においては日本人客にも当てはまりますよね。

私にとっては大小様々のクレーン、一つ一つの工場、コンビナートのタンクたち、湾の形状そのもの、諸々諸々諸々。
それらは玉石混淆のオモチャ箱のようで。。。

新日鉄の工場たちも潮見展望台からだけではなく、みゆき町の各坂道から見下ろすのも大好きですし。(そのわりに最近はご無沙汰~笑)

せっかくガイドメンバーに各企業OBがいらっしゃるから、研修会でスライド等示しながらアレ何、コレ何、とあまり専門的にならない程度にレクチャーしてもらえると良いなと思います。

2014/07/24 (Thu) 09:51 | EDIT | REPLY |   

aki  

日々勉強

v-295リンダさんv-295
地元の方にでさえ、「これ、ご存じとは思いますが・・・」と説明したものが、
案外「へぇ~」と言われたりして、なんでもチェック&勉強の大切さを感じる日々です。

ガイド自主研修会でも、提案してみるといいかも?

2014/07/29 (Tue) 06:19 | EDIT | REPLY |   

Add your comment