Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 ここは隠れた名所?(室蘭・臨海小公園)

 臨海小公園2

いつもこの横を通っているのに、
ここに、この公園があるって気づいたのは、最近の気がします。

今月の初めに、ちゃんと訪ねてみたくて行ったら、
札幌ナンバーの車も、私の車の前にスッと止まり、
中から、カメラを持った男性が降りてきて、写真を撮っていました。

私が写真撮ってるから、それにつられてきてみたという感じではなく、
最初からここを目指してきた…という感じに見えました。

ふと、ここって、何かの名所かしら?と思いました。

公園の名前すらわからなかった私ですが、

臨海小公園3

「臨海小公園」って言うんですね。

樹に囲まれ、ちゃんとベンチもあって、中央には

臨海小公園1 

「明治天皇御乗艦御聖蹟碑」があります。

実は、今月初めに行ったときは、曇りの夕方で、
とってきた写真も暗く、この文字もはっきりせず、何の碑だかわかりませんでした。

「ふるさと室蘭ガイドブック」を調べたら、
明治14年(1881年)9月4日、明治天皇が室蘭に行幸され、一泊された翌日、
波止場からお召し艦「迅鯨」にご乗船、一路対岸の森町へ向かわれました…云々と。

トキカラモイに桟橋ができ、札幌本道ができたのが、明治5年ですから、
その9年後のことだったんですね。

この年は、開拓使による北海道開拓10か年計画の最後の年で、
黒田清隆開拓長官が、北海道開拓事業の進行状況や、民情を見てもらうため、
明治天皇に北海道へ来ていただき、その時に室蘭に行幸されたと。

この碑は、当初は、白川商店の向かいに建立されていたのが、
道道拡張工事に伴い、ここに移設されたんですね。

一気に疑問が解け確認ができ、スッキリ。

確認に行った昨日の夕方は、とってもいいお天気だったので、
あたりの写真も撮ってみました。

臨海小公園4 

夕日に照らされた船と、その船が海に写っている感じが、きれいでした。

臨海小公園5 

工場群も、夕日を浴びて、金色に輝いていました。

臨海小公園6 

こちらは、今月の初めに行ったとき、工場群をズームしてみました。

この公園、昼間だと、ついうっかり通り過ぎてしまう、小さな公園ですが、
夕日が、工場群や船を照らす時間帯や、
日没後、街路灯などの明かりが、海に映り込む時間帯に行くと、景色がきれいですね。

ここからの夜景も、うまく撮影できたら紹介したいです。

この後、白鳥大橋を渡って、本輪西のほうへ行ったら、
もう一つ、夕日に照らされたあるもの発見。

それは次の記事で紹介します。





 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment