Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 一夜明けて(室蘭・潮見公園より)

潮見公園より3 

あちこちに被害をもたらした暴風雪。

皆さんのところは、大丈夫でしたか?


室蘭市内では、一昨日のうちに、小中高校の臨時休校が決まっていて、
できるだけ外出は避けるように・・・と言う警告も出ていたようでしたが、
風がかなり強いくらいで、あまり大事にはならなかったようです。

一夜明けて、風も収まってきて、時折青空も覗く午前中、
室蘭港沖、太平洋の方に、結構大きな船が見えたので、
潮見公園の駐車場に行ってみました。

ちょっと私用を済ませてから行ったので、
そこに着いたときは、9時半頃みた大きな船はもういなくて、
遠くの方に何艘か別の船がいました。

潮見公園より1 

潮見公園より2 

写真で見る限りでは、波もかなり穏やかそうなので、
船も目的地めざし、出航して行ったのでしょうか?

中央埠頭や、崎守埠頭に行ったら、嵐を避けてきた船がまだいたかもしれませんね。

そうそう、船の情報と言えば、北海道開発局室蘭開発建設部のT.O.さんから、

http://www.marinetraffic.com/ais/jp/default.aspx?level0=100

このサイトで、情報を得られることを教えて頂きました。
(スマホでも見られます。)

早速今日もスマホで確認したのですが、
思ったよりたくさんの船が、室蘭港内や室蘭沖にいてビックリでした。


久々に潮見公園に来たので、辺りの写真も撮ってみることに・・・・

そうだ「宮沢少佐遭難記念碑」と言うのがあって、
その写真を撮ったことないかも?
そう思って、写真を撮りに行こうと思ったのですが・・・・・

潮見公園より5 

こんなに大きな黒い犬が、ちょうどその碑の前あたりをうろうろして、
私がカメラを持っていこうとしたら、こんな風にじっとこっちを見るんですよ。

え~~、これじゃ怖くて近寄れない。
仕方がないので、駐車場内からズーム。

潮見公園より4 

多分これですよね。
と思ったら、これは「明治天皇御野立所記念碑」の方でした。

明治14年(1881年)、明治天皇が北海道巡幸の時、
室蘭入りした天皇が、お休みになったところの記念碑ですね。


ところで今回写真撮れなかった「宮沢少佐遭難記念碑」とは・・・・・

昭和6年(1931年)6月、樺太調査のため飛行中の偵察機が、
濃霧のため不時着に失敗し、イタンキ浜に突入。

この時に殉職した宮沢少佐を追悼するため、同12年墜落現場に碑を建立。

その後、同60年に、墜落した場所の見える現在地に移転。
(ふるさと室蘭ガイドブックより)


今度、犬のいない時、改めてちゃんと写真撮って来よう。


帰り道で・・・


潮見公園より6 

鶴ケ崎中学校の校舎跡の後ろにある四角い覆いの建物は、
建設中の新日鉄住金の独身寮。

潮見公園より7 

こちらは、校舎の向こうに見える新日鉄住金の工場群。

よ~~く見ると、左後方にJX日鉱日石の集合煙突も見えます。

独身寮ができたり、塗り替え終わって夜にはライトアップされている集合煙突が見えたり、
ここからの景色も、ちょっと変わってきていますね。

独身寮が完成したら、ここからの風景を、写真撮りに来なくちゃ。





 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment