Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 年越し「うどん」?!(室蘭・母恋めし本舗)

ヤヤン昆布うどん 

ずっと気になっていたのですが、漸く食べてみました。


室蘭の地球岬から絵鞆岬にかけてだけ採れる
「ヤヤン昆布」

その昆布のことは何度か紹介してきましたが、
それを麺に練りこんで作った
「ヤヤン昆布うどん・ハルカラモイ」
と言うのが、今年の夏頃発売になっていて、
1度食べてみたかったのですが、なかなか買いに行くチャンスがなく・・・

先週末、久々に「道の駅・みたら」に行った時、
2食入りを買ってみました。

ヤヤン昆布うどん3 

麺は平たい麺。
昆布が練りこんでいるので、ちょっとお蕎麦みたいな色です。

鮭節の麺つゆと、ヤヤン昆布がついて、2食入り750円、4食入り1500円。

ゆで時間は5~6分。

ゆでていると、昆布の良い香りがしてきます。

今回は冷たい「ざるうどん」でいただきました。

ヤヤン昆布うどん2 

ゆであがった麺は、生の時よりちょっと白っぽく、
でも昆布入りのせいか、ツルツル・つやつやしています。

食べてみた感想。
歯ごたえ&のど越しもよく、ほんのりと香る昆布も良いですね。

ダンナさまにも試食してもらいました。
「これ、室蘭のお土産に、喜ばれるかも?」
と、評価は上々でした。

ただ、うどん2食で750円は、ちょっとリッチな感じもしますね。
(食べた後は、満足で、”高い”って後悔はしませんが・・・)

明後日は大晦日。
年越し蕎麦じゃなく、年越しうどんもいいかもね?


諸説ありますが、年越し蕎麦って、
細く長い → 長寿を願う

金細工師が、金粉を集めるためにそば粉(そば団子)を使った → 金を集める → 金運が良くなる

なんて言ういわれがあるので、
それをうどんに替えたら、それにあやかれないかしら?

でも、今までは「捨ててしまうもの」と言う意味だった「ヤヤン」昆布を、
こんな美味しい形で利用できるのですから、
「ダメだと思ったことも、逆転してうまくいく」
なんて信じて食べたら、何か良いことありそう。


この「ヤヤン昆布うどん・ハルカラモイ」は
エンルムマリーナない「喫茶店ブロートン」、JR室蘭駅と母恋駅、東室蘭駅内売店、
道の駅「みたら」、長崎屋室蘭中島店などで販売しています。



 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment