Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 出来上がりが楽しみ(一社・むろらん100年建造物保存活用会)

歴史ガイドワークショップ1 

21日(土)13:30~、文化センターの中会議室で、
「第3回歴史ガイド製作ワークショップ」
と言うのが開かれました。


これは昨年7月に、
室蘭の経済発祥の地、室蘭港に残る、緑色の木造洋館(今年100歳)を、
市民・国民の手で”ステキな感じ”に保存活用するために設立された、
「(一社)むろらん100年建造物保存活用会」が、
室蘭の100年史を基本に、「歴史散歩ガイド」を作ろうと、
昨年12月から実施しているワークショップの3回目です。

室蘭の歴史には、とっても興味はあるものの、
1回目2回目とも、仕事の都合で出席できませんでした。

今日は仕事の合間に、1時間遅刻で、なんとか参加させていただきました。

歴史ガイドワークショップ4 

私のように、途中から参加される方、
逆に、途中で先に帰られる方もいらっしゃいましたが、
16:30まで、より良いガイド作成のため、
皆さん熱い議論を重ねました。

歴史ガイドワークショップ2 

室蘭の歴史の中で、特にどこに焦点を当てるか?
どういう人たちに見てほしいか?
ガイドブックの大きさは?そこにはどこまでの情報を網羅するか?
どこで配布するか・・・・などなど

歴史ガイドワークショップ5 

ホワイトボードの様子を見ていただくだけでも、
その様子がうかがえると思います。

私は、初めての参加で、しかも1・2回目の状況が分からないので、
ただただ皆さんの熱い思いを聞いているだけでしたが、
素晴しい室蘭の歴史を、一人でも多くの人に伝えたい、
これを手にした、他の土地の人には、
何度も室蘭に訪れてほしいと言う思いが、ひしひしと伝わりました。

TOPの写真に写っている資料は、
A3版にして、今日の参加者に配られました。

歴史ガイドワークショップ3

作製は、むろらん観光ツアーガイドや、蘭歴建見会でも活躍するF氏。

これを見ると、「へぇ~こんな人が、室蘭と関係あるんだ」
「歴史の教科書で見た、あの人がここに?」
みたいに、驚きと新発見な情報満載でした。

・・・でも、
ここでその内容を詳しく書いちゃうと、
ガイドブックを手にした時の驚き&感動が半減しちゃうと困るので、
ガイドブック完成までのお楽しみに・・・と言うことにしておきますね。
(写真から、わかっちゃうかもしれませんが)

今日は、この後、場所を移して、
ガイドブック作成のため、さらに詰めた話し合いをしたようですが、
私は、仕事の時間のため、ここで失礼しました。

このワークショップ、来月もあるようですので、
興味のある方、ぜひご参加ください。

詳しくは → こちら


私は、高校1年生の時に室蘭に来たので、
室蘭の歴史は、ガイド講座を受けるまで、殆ど知りませんでした。

ちょっとずつ室蘭の歴史を知っていくと、
今いるここに、昔どんなものがあったのかな?とか、
この場所に、歴史上有名なあの人も立って、何を見たのかな?
なんて考えると、ちょっとワクワクしますね。



 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 


スポンサーサイト

2 Comments

AMANO  

いろいろな方向性や意見、アイデアが出されましたね。みなさん善意のボランティア。その場にいられただけでも幸せな気持ちになれました。

2015/02/23 (Mon) 22:22 | EDIT | REPLY |   

aki  

AMANOさん

訪問&コメントありがとうございます。

ちょっとの時間でしたが、参加できて本当に良かったです。
皆さんの熱意で、きっと素晴らしいガイドブックが、できますね。

2015/02/24 (Tue) 23:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment