Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 ぶらり函館へ

今回は、途中今まで立ち寄った事のないところにも、ちょっと寄ってみようということで、
高速ではなく、国道を移動してみました。

そこで発見したのが「しかべ間歇泉公園」の看板。

道南の伊達方面から函館への国道は、何度と無く通っているのに、
この看板を見たのは、初めてでした。

いつもは、ただひたすら函館を目指していたので、
気付かなかったのですね。

通いなれた道でも、ちょっと違う道を通ったりすると、
新しい発見があって面白いですね。

場所は森から国道278号線で、30~40分くらいかな?

いきなり武家屋敷の門構えのような建物発見。
”間歇泉”というイメージとは違ったので、見過ごすところでした。

向かい側の、海沿いの駐車場に車を停めた時、周りにあまり車がいなかったので、
あまりみんな来ない場所なのかな?とちょっと不安に・・・・
(でも、この駐車場からの海の眺めは、最高でした。)

入場料300円を払って、中に入ってみたら、結構人がいて、ちょっとビックリ。
その秘密は、これかも知れませんね。
玉砂利が敷き詰められた足湯があって、乗り物酔いのツボなどの看板もありました。
間歇泉足湯 

足湯に入りながら、正面の間歇泉の場所をパチリ。
間歇泉1 

次に、↑の壁の左横に見えている手すりのところに移動して、吹き出す前の状態を・・・
間歇泉2 


吹き出すとこんな感じ。
この日は、高さ調整をしているとかで、あまり上まで吹き出さないようにしていました。

間歇泉4 

この壁の裏側が通れるようになっていて、そちらから海を眺めるのもいい感じです。
因みに望遠鏡は、無料で解放されていました。

お天気も良く、昆布漁をしている船なども見え、とっても気持ちのいいひと時でした。

丁度お昼になったので、すぐ傍にあるお蕎麦屋さん(シャレじゃないですよ・笑)で、
蕎麦に昆布が煉りこんである、昆布蕎麦というのを食べてきました。
特に昆布の味はしませんが、ツルンとしたのど越しで、美味しかったです。


「しかべ間歇泉公園」の情報は・・・・
鹿部町のHPから → こちら
鹿部温泉観光協会のHPから → こちら


この後、母のリクエストの[大沼だんご」を買いに、大沼公園に寄りました。
最近は、似たようなだんごが幾つか出回っていますが、お目当ては「沼の家」の大沼だんご。

このだんごも、何度も買っているのですが、
今回始めて気付いたのが、”胡麻”もあるということ。

調べてみたら、胡麻は数が少ないので、ここのお店のみの販売なのですね。
(時々JRの車内で買うので、醤油と餡のみでした)

沼の家店舗・サービス情報 → こちら

もう一つ、新発見だったのが、一折370円だと思っていたら、
大きな折の630円というのもあるんですね。

それと、これを買うとき「お持ち帰りですか?」って訊かれ、
「えっ?」って思って周りを見たら、イスに座ってその場で食べてる人も結構いました。
これにはちょっとビックリ・・・・・・・
ハンバーグや、ドーナツ屋さんみたいですね。

色々寄り道をして、函館に着いたのが2時頃。

今回のお宿は、「チサングランド函館」
朝食付きで、大人2人、駐車場料金500円が入って、15900円。

場所は、電車の”宝来町”の近くで、
元町界隈の観光にも、赤レンガ倉庫群の観光にも、歩いていける距離です。

そうそう、あのカレーの”小いけ”のすぐそばです。

場所的には良い所ですが、
ホテル内は、可も無く不可も無く・・・・と言う感じかな?
朝食も、ごく一般的なバイキングですしね。

でもこの時期、この価格で泊まるのには、これ位なのかな?


今回の小旅行で、一番残念だったのは、
楽しみにしていた函館山からの夜景を楽しめなかった事。

夕方までは、とっても良い天気で、
早めに夕食を済ませて、函館山に行こうと思っていたら、
夕食を食べているうちに、雨が降り出して、結局は函館山に昇るのを断念。

去年のゴールデンウィークの時も悪天候でダメでした。

最近は、あまり天候に恵まれない函館旅行。

今日は大雨・洪水注意報が出ていたので、早々に何処にも寄らず帰ってきました。

さて、次は何時・何処に行こうかな?



BLOGランキング参加中
  良かったら、ポチッとしてくださいね。

 
 
    人気ブログランキングへ


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


今回も、予約は[じゃらん]でしました。
ポイントも貯まって、嬉しい特典もあり。
宿・ホテル予約ならじゃらんnet

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment