Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 便利なサービス(室蘭・市立室蘭図書館)

市立図書館1 

この図書館に入ったのって、
何年ぶりかな?

・・・いやいや、何十年ぶりかな?


室蘭市のHPで、「広報むろらん(PDF版)」の最新号を見ていて知ったのですが、
室蘭市・登別市・伊達市が連携し、
この3市の図書館で所蔵する約53万冊が、
共通の利用者カードで借りることができるんんですね。

さらに、この3市の図書館本館・分室のどこでも、
貸出・予約・返却がOK。

例えば、輪西分室で借りて、白鳥台分室に返すというのもOK。

20代の頃、
この図書館のすぐ近くに住んでいたので、
その頃は結構利用していましたが、
その時には、こんなサービスはなかった気がします。

家の近くまで、マイクロバスに本を積んで来てくれる
移動図書館車「ひまわり号」はありましたが・・・。

これは、すぐに利用者カード作っておこう・・・と、図書館に行ってきました。

市立図書館2 

《よむ・よむ》カードって言うんですね。
写真は、室蘭の花のツツジ。

登別や伊達だと、どんな写真(イラスト)なのかな?ちょっと気になりますね。


ところでこの図書館。
大正5年に創立され、移転・休館などを経て、
昭和33年に現在の建物が建てられたそうです。

今年で57歳、現用している道内の図書館の中では、
最古の建物だとか。

そう言えば、この図書館のお隣
「室蘭市青少年科学館」も歴史が古く、
昭和38年に開設され、北海道では第1号で、今年52歳。

青少年科学館

更には、祝津町にある市立室蘭水族館も、
1953年開館の、北海道で一番古い水族館で62歳。
(久々に見たら、HP新しくなっていました → こちら

どの施設も古くて、建物も決して大きくありませんし、
老朽化や耐震性の問題などで、いつかは新しい施設になるかもしれませんが、
室蘭の歴史と言う意味でも、これらの建物は、
ずっと残って行って欲しい気がします。

久々に訪れた図書館も、
「こんなに狭かったっけ?」と言う感じでしたが、
結構沢山の方が中で本を読まれたり、
次々と本を借りに来たりと、思ったより利用者が多かったです。

若い時は、本大好きでしたが、
最近はすっかり活字離れしていますので、
これをきっかけに、また図書館通いしてみようかな?

そうだ、しばらく行っていない室蘭工業大学図書館の、
「図書館利用証」も、
更新しなくちゃいけなかったはず・・・・。



 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment