Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 雛飾り(室蘭・中島商店会コンソーシアム)

雛飾り 

ひな祭りですね


この雛飾りは、先月中旬、
むろらん観光ツアーガイドの運営委員会を、
「ふれあいサロンほっとな~る」でやった時、撮らせていただきました。

何だか華やかな気分になって、良いですね。

今日3月3日まで飾っています。

そう、今日3月3日は[桃の節句]

室蘭(北海道)では、桃はまだ咲かないよね・・・
なんて考えながら[桃の節句]について検索してたら、
[へぇ~~]な事があったので、UPしてみました。

「へぇ~~」な事と言っても、きっと皆さんは既にご存知で、
いつもの事ながら、私だけが知らなかったことだと思いますが、
今後の備忘録として書いておきます。


3月3日は、本当は[上巳の節句]と言って、
5節句のうちの一つですね。

節句の[節]は、唐時代中国の暦法で定められた季節の変わり目のこと。

本来、中国では奇数は[陽]として、縁起の良いものですが、
奇数が重なると[陰]となると考えられ、
神にお供え(季節の旬の食物など)をして、邪気を祓う祭祀を行っていて、
それがいつしか、邪気を払ってお祝いをする式日になって行ったようです。

それが日本に伝わり、
最初は宮中行事として行われていたものが、
時代とともに、日本の風習と合わさり、現在のような形になって行った・・・と。

そしてその五節句とは、
1月7日「人日(じんじつ)」・・・日本では七草粥を食べて、邪気を祓う日


3月3日「上巳(じょうし)」
・・・別名[桃の節句]
水辺で、身を清めてじゃを払う中国の風習と、
3月の初めに、身代わりの人形に穢れを移して、
川などに流す日本の風習が結びついてできた。

現在のように、ひな人形を飾り、女の子の成長を願う行事となったのは、
江戸時代になってから。

桃の花には魔よけの効果があるとされている。


5月5日「端午(たんご)」
・・・古くは「薬草摘みの日」
薬草の菖蒲が[尚武]の音に通じるとして、
男子の立身出世を願う行事に転化。

日本古来の農耕儀礼により、
もともとは女性の日だったという説もあるそうです。


7月7日「七夕(しちせき)」
・・・「たなばた」
織姫と彦星の伝説は、中国から伝えられたもの。

日本の「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説と結びついて、
[七夕]の節句となる。


9月9日「重陽(ちょうよう)」
・・・別名「菊の節句」
[九]と言う数字は、易では「陽数の極」にあたり、
これが二つ重なる(重陽)のは、非常にめでたい日とされた。

菊の花を飾り、邪気を祓って、
長寿を祈ったという中国の風習が元になっている。


ここまでまとめてて???と思ったのが、1月。
同じ数字が重なる日なら、1月7日じゃなく、1月1日じゃないの?・・・と。

1月の節句が1日だった時代もあったようですが、
この日は[元旦]なので、別格扱いになり、
替わりに7日正月と結びついて、1月は7日が節句となったようです。
(それぞれの日の謂れには、諸説ありますので、
私が調べたのが、絶対的に正解と言う訳ではありません)



ウン10年生きてきて(笑)、
言葉は聞いたことがあるけど、謂れまでは知らなかった・・・、
と言うことがたくさんありました。

クリスマスや、バレンタインデーも良いけど、
日本古来の行事についても、今一度調べ、知っていくのって、
面白いですね。


さて、ひな祭りに食べると縁起が良いとされている食べ物は、
蛤のお吸い物・・・対になっている貝殻しか、ぴったりと合わないことから、
良縁に恵まれ、一生添い遂げられるように・・・と。

菱餅・・・緑は大地、白は雪、ピンクは桃を表すというのと、
緑は健康や長寿、白は清浄、ピンクは魔よけを表すという説があるようです。

緑餅は、増血効果があるよもぎ、白餅は血圧を下げるひしの実、
ピンク餅は解毒作用があるクチナシっで色を付け、
ひし形は心臓を表すとか。

ひなあられ・・・ピンク、緑、黄、白は四季を表し、
娘が1年中幸せに過ごせるようにと言う願い。

・・・などなど、食べ物にも色々な願いが込められていますね。
(ちょっとのつもりが、調べているうち、長くなっちゃった。)


今日は、世界中の女の子(女性)の健康と幸せを祈って・・・・
♪灯りをつけましょ、ぼんぼりに~~


 ランキング参加中 

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ                                     にほんブログ村 資格ブログ 趣味目的へ          
にほんブログ村                                     にほんブログ村 









スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment