Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 のだめカンタービレ・最終章・前編

「この映画って、こんなに泣ける映画だったの?」
見終わってすぐの感想でした。

単に心が疲れてるだけさ・・・って言われちゃったら仕方ないけど、
漫画原作とはいえ、ただのギャグばかりじゃなく、
のだめや千秋の気持ちがちゃんと伝わってきて、
見てるこちらも無理なく感情移入が出来ました。



2009年作品
原作:二ノ宮知子 / 脚本:衛藤凛 / 監督:武内英樹

<CAST>
上野樹里/玉木宏
瑛太/水川あさみ/小出恵介
ウエンツ瑛士/山田優/山口紗弥加
谷原章介/なだぎ武
福士誠治/吉瀬美智子/伊武雅刀
竹中直人
ほか

<あらすじ>
デジャン・オケでの客演を無事終えた千秋ですが、
そのデジャン・オケの常任指揮者に選ばれたのは、
千秋と同じ頃やはり客演をした千秋のライバル・ジャンでした。

しかし、そんな千秋にもマルレ・オケから常任指揮者の話が来て喜びますが、
実際に千秋が行ってみると、
気難しいコンマスとトラブッて、最近団員が3分の1も辞め、
メンバーは、その場しのぎの寄せ集めのオケでした。
愕然とする千秋。

いなくなった指揮者の変わりに急遽指揮をすることになった千秋ですが、
団員の意識の低さと、練習不足から、
千秋の初演は散々なものに。

一方、進級試験を控えているのだめの前に、
天敵(?)孫Ruiが現れ、千秋先輩と親しくしたり、
のだめが千秋先輩から頼まれ、幸せ気分一杯で引き受けたチェレスタの演奏を、
Ruiに代わられてしまったりと、
ちょっと心安らかではない日々が続きます。

進級試験に最高評価「トレビアン」を貰い、
1日も早く千秋先輩と共演したいのだめと、
マルレ・オケの建て直しに頑張る千秋は・・・・・・


<感想>
冒頭の学友協会での千秋の指揮シーンで、
(ベートーヴェン:交響曲第7番)
もう私的つかみはOKでした。

あの会場で、生の演奏を聴いてみたいと、心から思いましたね。
きっと音も、空気感も違うんでしょうね。

映画の中に、マルレ・オケを何十年も応援し続けるフランクのお祖母ちゃんや、
何十年も座る席が決まっている老人が登場しますが、
「○○オケが大好きで」と、私がSMAPや嵐の毎年のLIVEを楽しみにするように、
本当に毎回欠かさず、
演奏を楽しみに聴きに行く人たちが沢山いるんだろうな~と思いました。
私もクラシックは(も)好きですが、
定演を欠かさず聴きに行くというまでにはなっていないなぁ~・・・なんて、
映画を見ながらふと思いました。

この作品、ドラマの時から、選曲や使われ方がお気に入りでしたが、
今回の映画でも、個人的に好きな曲ばかりで、
また使われ方も、そのシーンや登場人物を表すのに、
凄くマッチしている気がして、
余計後半ではウルウル状態になってしまった私。

のだめの千秋先輩を思う気持ち、
特に音楽家として早く一緒のステージに立ちたいという気持ちと、
追いつけそうで追いつけない、千秋までの距離感が、
切なくて泣けちゃいましたね。

あんなに喜んでいた、千秋先輩からのチェンバロの演奏依頼。
よりによって、Ruiがやることになって・・・・・
千秋先輩には「空気読め」みたいに、気丈に振舞っていましたが、
あれは、のだめ、かなりショックですよね。

そして、自分も新学期までの課題曲として必死に頑張ってたバッハの曲を、
(のだめから見ると)いとも簡単に演奏しながら指揮をしてしまう千秋先輩。
”わかるよ、のだめちゃん”て思うより先に、
泣けてしまいました、私も・・・・・・

のだめには、直接言ってはいませんが、
のだめから演奏会に遅刻するとのメールが来た時、千秋が言った、
「俺は先に行く」という言葉が、
何だか2人の関係を象徴しているようで、切なくなります。
のだめが「先輩、待ってて下さい」と頑張れば頑張るほど・・・・・・

のだめの切ない気持ちだけじゃなく、感動でウルウルしたシーンも沢山ありました。
まずは、気難しいだけだと思っていたコンマスが、
公演を控え、みんなの気持ちがばらばらで、いがみ合いにさえなってしまった時、
音楽の本質「調和」について諭すシーン。

オーボエ奏者・アレクシの娘が、自分のお父さんは一生懸命練習して頑張ってると、
のだめや、千秋に必死に言うシーン。
その後のオケの皆の日常の様子が、台詞無しで、音楽だけで流れていったところもジーン。

そして、マルレ・オケが再生を賭けて行う定期演奏会のステージ直前、
あのコンマスが、このマルレ・オケに対する思いを千秋に語り、
ちゃんと千秋のことを認め励ますシーン。

「裏軒」の料理長で、峰龍太郎(瑛太)の父親の、息子に対する思いも、
ちょっと感動。

感動といえば、最後の方で千秋が指揮したマルレ・オケのチャイコフスキー:序曲「1812年」
演奏が終わった時、あまりに映画に入り込みすぎて、
私もその場で「ブラボー!!!」って、立ち上がりたい錯覚に陥りました(笑)

あと、映像的にツボだったのは、
ジャンの大きな顔写真つき飛行船とか、
テオの持っていたファイルに、プリごろ太と仲間のイラストが書かれていたり、
(違ったかな?)
のだめが、進級試験でトルコ行進曲を弾いたシーンでは、
音をパールの粒のはじける様子で表現したところとか・・・・・

なかなか忙しくて見に行けませんでしたが、
行って良かったです。

ちょっと新年早々、自分的にはかなりへこむことがあったのですが、
この映画を見て、やっぱり音楽っていいなぁ~・・・・と、
そして、いつまでも落ち込んではいられないなぁ~と、
ちょっぴり元気をもらえたのが良かったです。

さて、後編は4月17日封切り。
早く千秋に追いつきたくて焦るのだめと、
急に引っ越しを決め、のだめと距離を置こうとする千秋の関係。
あとちょっぴりしか、今回は登場しなかったR☆Sのことなど、
まだまだ気になることがあるので、
今から楽しみです。

そうそう、シュトレーゼマン、ひょっとして耳が・・・・・?
というのも気になるしね。


BLOGランキング参加中
  良かったら、ポチッとしてくださいね。

 
 
    人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い






スポンサーサイト

2 Comments

ミマム  

原作では違う曲でしたが、チャイコの「1812年」の選曲はとても良かったですね。
本番前のコンマスからの言葉や
忙しい中、練習した団員の家族が揃って演奏会を見に来てて
拍手していたところも感動でした。
そんな演奏会に出会ったり、自分が参加できれば
もっともっと楽しいだろうなあと思いましたね~。
後編の4月まで待ち遠しいところですが
また「のだめ」で元気をもらいましょう!(*^^)v

2010/01/11 (Mon) 15:08 | EDIT | REPLY |   

きこり  

私も、相変らず、細かいところまで再現されている「のだめ」の世界を楽しみました。
千秋様が徐々にマレルオケのみなさんをまとめあげ、共に音楽の世界を作り上げていく過程にはじ~んとしてしまいます。
私も、素直に音楽っていいなぁ・・って思いました。
後編にしっかりと繋いでくれる前編でした。
4月が待ち遠しいですね~♪

2010/01/17 (Sun) 12:20 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

5 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編>
  • のだめ見てきました~~~! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった~。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実...
  • 2010.01.11 (Mon) 15:29 | 美味-BIMI-
この記事へのトラックバック
  •  「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 武内英樹 監督
  •  あけましておめでとうございます。 1日から出かけてましたんで、やっとご挨拶できました。 録画したものが溜まってるわ・・・・(´∀`;) 今年もマイペースに書きたいものを書いていくって感じでやっていけたら いいなぁと思っております。 本年もどうぞよろしく
  • 2010.01.17 (Sun) 12:21 | トリ猫家族
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん)
  • ◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
  • 2010.01.25 (Mon) 19:07 | yanajunのイラスト・まんが道
NEXT
映画「アバター」(2009年作品)