Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 東京農大様御一行(室蘭市民観光ボランティアガイド協議会)

東京農大1 
(G.O.先輩撮影)

先月までのお天気が、嘘のような連日の好天。

そんな中、唯一(?)霧雨模様の8月8日、
東京農大の学生&先生御一行様の、
夜景ガイドをさせていただきました。


何とか晴れてほしいとの願いもむなしく

東京農大2 
(G.O.先輩撮影)

祝津公園展望台でも、こんな感じで、
室蘭港全体が濃霧の中。

でも、かえってそのせいで、新日鉄住金の工場の灯りが、
霧の中にボゥーッと浮かび、
皆さんもその光景に、「幻想的」と、
喜んでくださいました。

東京農大3 
(G.O先輩撮影)

東京農大4 
(G.O.先輩撮影)

白鳥大橋の主塔の灯りが、上空の霧に反射する様にも、
「快晴より、かえってこういう日しか見られない」と言うと、
喜んでいただけました。

一つ残念だったのは、
最後に皆さんの宿泊先近くのフェリーターミナルから、
測量山のライトアップを見ていただきたかったのが、濃霧で見られなかったこと。

でも、1晩4000円の寄付で、だれでも点灯に参加できますと言う事に、
結構興味を持っていただき、
「40人で参加したら、1人100円」何て言う話も飛び出すくらいでした。

そうそう、フェリーターミナルの駐車場をあとにするとき、
バスの運転手さんが「あれ、フェリーじゃない?」と。

「室蘭には、今フェリーが就航していないので、何でしょうねぇ・・・
でも、フェリーに見えますね」
なんて、あいまいなお返事をしてしまった私。

帰ってきてから[ライブ船舶マップ]で調べたら、
フェリー【さんふらわあ】でした。

この日も、ガイドの道すがら、
「室蘭は天然の良港ですし、
三方をを山に囲まれ、半島が天然の防波堤の役目をしているので、
湾内の波がとても穏やかなため、台風などの際には、室蘭港に、
フェリーなどが避難してきます」なんて、自分で言ってたのに・・・・(反省)

観光案内4

 観光案内5

この日も、台風が接近していたので、
まさしく室蘭港に避難していたのでしょう。

昨日10日の14時ころ、フェリーターミナルに確認に行ったら、まだいました。
(その後、無事出港したようですね)

ガイド直前までの、情報収集の大切さ、改めて感じました。

後半では、霧雨も降ってきてしまいましたが、
学生さんたち、引率の先生、更にはバスの運転手さんまで、
熱心に話を聞いてくださったり、色々質問もして下さり、
私の方が楽しくガイドをさせていただきました。

バスの運転手さんは、
「室蘭いいね。またお客たくさん連れてくるよ」と言ってくださり、
私も「お願いします」と。

当日も、同行し、
写真も提供して下さったO先輩にも感謝です。

毎週土曜日運行の「室蘭夜景見学バス」とは違い、
ガイド依頼される団体によって、コースやポイントが違い、
それに伴い、下調べや、ガイド内容の工夫は、
ちょっぴり大変ですが、とても勉強になります。

毎回、「まだまだだなぁ~」と反省ばかりですが、
また室蘭に来たいと思っていただけるよう、
日々精進し、頑張っていきます。

今回の、東京農大の皆さま、
今度はお天気の良い日に、またお会いしたいですね。


そうそう、ご自分も是非室蘭のことをガイドしたいなと思う方

室蘭市民観光ボランティアガイド協議会へ → BLOG




 ランキング参加中 

道南 ブログランキングへ

            
 
                                          
  にほんブログ村                                    にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment