Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 こんな形だったのですね(室蘭・幌萌町)

東北電力埠頭6 

八丁平展望台から見えた四角い物体は、
近くに行くと、こんな形だったんですね。


9月8日の、八丁平の緑道1号線散策の時、
「あの四角い物体は何?」と思ったもの。

東北電力埠頭8 

白い矢印の下に見える物

その正体は、
想さんがコメントを下さり、
昭和34年に作られた「東北電力埠頭」の名残とわかりました。

その日から、近くで確かめたいと、
ずっと思っていて、ようやく24日(日)に行ってきました。

まず、車を幌萌町バス停の空き地に停め、歩道橋を渡り、
国道37号線に沿った歩道を、本輪西駅方面に向かいます。

東北電力埠頭1 

歩道の向かい側は、工事中。
(本輪西跨線橋)

少し進むと「共同炭酸」と書かれた丸いタンクを過ぎたあたりで、

東北電力埠頭2 

たぶんあれだよね・・・というもの発見。

さらに良く見えるところを求め、
本輪西駅方面に進みます。

東北電力埠頭3 

木々の間からパチリ。

八丁平展望台から見た時とは、
角度が違うので、形も違って見えます。

東北電力埠頭4 

さらに進むと、こんな形。

この形は、八丁平展望台から見た形に似てますね。
(この建造物で間違いないでしょうか?
違っていたら、お知らせ下さい。)

その昔、この塊の上にクレーンが載っていて、
それで石炭を船に積んでいたんだとか。。。

何時頃まであったのでしょうか?
子供の頃に、ひょっとしたら見ていたかもしれませんね。

この国道37号を、週2~3回中島から白鳥台方面へ通るのに、
全然この埠頭跡の建造物には、気付いていませんでした。

緩い右カーブ、上り坂ですから、
左手の海の方を見ては運転しませんし、
いつものように、見えてはいても、気付いていなかったのかも?

今回はこれ以上近づけず、
歩道から、ズ~~ムして撮るのが精いっぱい。

でも、私の知らなかった室蘭の歴史を、
又ちょっとだけ知ることができた気がして、嬉しかったです。

想さん、本当に有難うございました。


おまけ

東北電力埠頭7  

埠頭跡の対岸、「函館どつく」のあたりに、
あの水色ボディの
フローティングドック・つくし」発見。

やっぱり気になる存在です(笑)


さて、次はいつ何に出逢えるかな?




 ランキング参加中 

道南 ブログランキングへ

            
 
                                          
  にほんブログ村                                    にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment