Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 バスだからこそ(室蘭・白鳥大橋~築地町)

バス車窓2

この目線でこの場所を撮るのは、
なかなか難しい・・・


ここは白鳥大橋の、祝津側入り口のすぐそば、
[白鳥大橋展望台]

普段の目線は・・・

   

こんな感じで、下から見上げるとか、
展望台頂上から、間近に白鳥大橋を見るとかですが、
先月の「鉄のまち室蘭の原点を巡る」のバスツアーで、
帰りは、白鳥大橋を渡ってくれましたので、
その時、車窓からパチリ。

普段、自分の運転で白鳥大橋を渡ることが多く、
自家用車では、
こんな見事な”上から目線(笑)”で見ることも、
撮影することも無理。

できれば、もう1本ある緑の柱も一緒に写せたら、
最高だったんですが・・・・

この柱、
ピンク=大鳴門驚、黄色=関門橋、白=瀬戸大橋、
そして今回写真に入らなかった緑=白鳥大橋の、
メインケーブルの太さを表しているんだそうです。

まだ近くで見たことのない方、
是非115段の階段を上がって、この柱を間近で見てください。

その太さに、ちょっと驚くと思います。

バス車窓1 

こちらは、新日鉄住金の方を撮ってみました。

走るバスの中からなので、うまく焦点が合わず、
しかもちょっと斜めになっちゃいました。

バス車窓3 

こちらは、白鳥大橋を降り、港南町1丁目の交差点から左折し、
室蘭港沿いの道に入って、すぐ右カーブになったところで見られる、
[防災フロート(動く岸壁)」です。

全長80m、高さ4mあり、
災害により岸壁が使えない時や、
岸壁のない場所へ接岸するときに利用されます。

移動式のヘリポートとしても、使われるようですね。
800tまでOKだそうです。

6月25日のガイドの時、
バスは、この道を通る予定だったので、
森町からの方々に是非紹介しようと思っていたら、
あいにく、どこかへ出動中で、姿が見えず、残念でした。

これは、自分の運転でも見られるのですが、
車を停められないので、いつも横目に見て、
いつか写したいと思っていた物です。

念願かなって、嬉しい~~

たまには、バスの旅も良いですね。



 ランキング参加中 

道南 ブログランキングへ

            
 
                                          
  にほんブログ村                                    にほんブログ村



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment