Welcome to my blog

aki風に吹かれて

ブログタイトルのように、風の吹くまま、気の向くままに。

 室蘭・電信浜

densinhama5
(2012.12.1.撮影)

先週の暴風雨がウソのように、とても天気が良いので”室蘭”を探索。
思いがけず出あった、素敵な景色です。

昨日の土曜日、
午前中のお仕事がちょっと早く終わり、お天気がとっても良かったので、
蘭西方面に、行って見る事に・・・・・・。

なぜ蘭西かの本当の理由は、明日以降にお伝えできるかな?

折角行ったので、
いつもと違う道を通ってみようと、
栄町から本町を抜け、幸町に向かって、一番坂の上の道を通っている時、
左の小路に”電信浜”の看板を見つけ、早速行って見ました。

室蘭に住んで、約30年。
”電信浜”の名前はよく聞くものの、ここも1度も行った事のない場所でした。

20代の頃、ここから歩いて15分くらいのとこに住んでたのに・・・・

車で行った感じは・・・・・・・・
坂を上りきったら
densinhama3 
突き当たりにこの看板。

この看板に向かって、車は3~4台停められるくらいの道幅で、その道の両側は、住宅。
ここに車を停めて良いのかな?なんてあたりをキョロキョロして、
車から降りたら、最初の写真の素敵な景色が目の前に広がって、ビックリ。

もちろんここは、「むろらん観光ツアーガイド」でも、
全くコースに入っていなかったし、
自分の中でもあまり期待していなかったところですが、
「え~、(かつての)町の中心からちょっとの所にこんな所が・・・・」と、
ちょっと嬉しくなっちゃいました。

下に下りて行く階段も、キチンと整えられ
densinhama6

その向こうはこんな景色です。
densinhama7 
 
太陽の光が、反射して綺麗。

春から夏は、岩の上が緑で、トッカリショのように、
岩のグレイとのコントラストが綺麗なところのようです。

砂浜も綺麗と思ったら、ここは夏場”児童遊泳場”となるのだとか。
今年は7月26日~8月10日の10時~16時で、
期間中はシャワー、トイレ、更衣室も設置されるようです。

イタンキの海水浴場は、遠浅でもなく、結構波も荒いようですが、
こちらは入江になっているので、波が穏やかな所から、
毎年親子連れで、にぎわうようですね。

海水浴の季節以外は、景色を楽しむ所としても、良い感じです。

そうそう、階段を下り始める左手に、こんな看板が。
densinhama9 

海岸からは結構な高さの所ですが、それでもやはり津波の時は危険なのですね。

考えてみたら、最近室蘭の色んな所を探索していますが、
この看板を見たのは初めてですね。

浜から階段を上りきって、帰り際の景色。
densinhama10 

なんだか、函館の景色に似ているな・・・・と。

”電信浜”
偶然通りかかった場所ですが、
また一つ、お気に入りの場所になりました。
(職場の先輩に言ったら、今頃何言ってんの?と言われそうですが・・・)


おまけ
”電信浜”って変わった名前と思い、ちょっと調べてみました。

元々は、ポンモイ(小さい湾)と言われていました。
明治24(1891)年、逓信省がムロランと対岸の砂原間の、
海底電線をこの浜から敷いた事からこの名がつきました。

平成2年に、この由来を記した記念碑が建てられました。

・・・・と言う事のようです。





スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment